こんにちは。ふみです♪

モンテッソーリ教育という教育方法をご存知ですか?
将棋の藤井聡太四段が幼少期にモンテッソーリ教育を受けたということで、近年、テレビや雑誌でとりあげられ、子育て世代の方なら一度は聞いたことがある方も、いらっしゃるかもしれません。

教育方法に、共感し、マリア・モンテッソーリの一人息子のマリオ・モンテッソーリが設立された学校に娘を2歳から丸2年間通わせていましまた。

マリア・モンテッソーリとは?
マリア・モンテッソーリは1870年8月31日に、イタリア マルケ州キアラヴァッレに生まれました。女子の教育事情が現代ほど進んでいなかった当時においても、教育熱心であった両親のもと、大いに勉学に励んだモンテッソーリはローマ大学医学部に進学。イタリア最初の女性医師。(1896年にモンテッソーリは苦労の末に女性としてイタリアで初めて医学博士号を取得)フェミニスト。

最初のキャリアは、女性であるがゆえ、苦労の末やっと得た仕事が、ローマ大学付属の精神病院の医師の職でした。
患者たちは、監禁状態に置かれており、人間として正当な扱いをされずに過ごしていました。そんな中、知的障害のある子どもが床に落ちたパンくずを拾い集めることに熱中する様子を見たモンテッソーリは、彼らを注意深く、継続して観察し、知的障害がある子どもも感覚的な刺激を求めるということを発見しました。

これらの活動から、知能が向上すると確信を得たモンテッソーリが子どもたちに知能テストをしたところ健常児よりも、知能指数が高いことが判明し、イタリアの教育界や医学界において彼女の名前が、瞬く間に広がりました。

観察を通して、子供達を見るうちに人間にはある共通した”発達の法則”があることを発見したモンテッソーリは、のちに”子どもの家”を設立しました。(場所はスラム街で、生きるために働く両親となんの教育も受けていない子ども達でスタートしました。)
2、3、6、7歳の50人から60人の子供を見ているうちに、深い注意と集中、活動の複数の繰り返し、環境における秩序への敏感さに注目しました。
活動の自由な選択を与えると、子供たちは、施設で提供されたおもちゃよりも実際の活動とモンテッソーリの教材にもっと関心を示し、お菓子や他の報酬に動機付けられなかったことを発見しました。時間が経つにつれてモンテッソーリは自己規律が出現することを発見。

モンテッソーリの観察と、発見に基づいて、重い家具を子供が動くのに十分軽い子供サイズのテーブルと椅子に取り替え、子供サイズの材料を低くて、手が届きやすい棚に置いた。指先を動かして触れることによって感覚的な刺激が得られるおもちゃを子どもたちに渡し、十分に感覚的な満足が得られるように導いていきました。

1日の流れとして、生け花、手洗い、体操、ペットの世話、料理、掃除、環境と自分自身の世話のための様々な活動を盛り込みました。
教室は、子供たちがあくまで好きに出入りできるように、様々なエリアを作りました。



そこでの試行錯誤の結果、はじめは教室の中で暴れ回り、集中することができない子どもたちが穏やかで落ち着きのある様子に変貌しました。ここでも大きな功績をあげたモンテッソーリはローマ大学に再入学し、哲学、生理学、精神医学の研究に没頭し更なるモンテッソーリ教育を確立していきます。

イタリア国内での成功、精神医学、哲学、人類学、心理学など幅広い知識と経験を兼ね備えモンテッソーリ教育は欧米をはじめとする世界各国に広がっていきました。
ちなみに日本では、大正デモクラシーの時代にはじめて紹介されました。

各地にどんどん”子どもの家”ができ、教師の質の重要性を感じたモンテッソーリは1929年に国際モンテッソーリ協会を発足して教師の資格取得制度を設けました。

女性の社会進出のさきがけとしても知られるモンテッソーリは、晩年世界平和と子どもの尊厳を訴える活動を世界各地で行いました。その功績が評価され、平和教育に注目したことからノーベル平和賞に3度ノミネートされています。

また、イタリアの通貨1000リラの紙幣にはモンテッソーリの肖像と授業風景画が描かれていました。

1952年、5月に脳卒中でオランダで永眠。オランダのNoordwijkに埋葬されています。81歳の人生でした。
この時、一人息子のマリオ(娘の学校の創設者)によると、直前まで講義の準備をしており、少し椅子で休むような格好で旅たったそうです。

マリア・モンテッソーリが尊敬していた人
幼稚園の発明者である Friedrich Frobel
子どもが活動を通じて学ぶべきだと説いた Johann Heinrich Pestalozzi 
子どもに従う必要があると説いた Jean Rousseau

モンテッソーリ教育

概念
モンテッソーリ教育の概念を一言で表すと、子供中心の教育的アプローチです!
モンテッソーリ教育では、教室学習の中で、自立性と選択を強調するアプローチで、生涯を通して学ぶことの重要性を教えます。
また、すべての子供を個人として認め、そのように扱うことで、特定の子供それぞれに、より良い学習と充実した可能性がもたらされると信じる。

モンテッソーリ教育のキーワード
自律性
観察から学ぶ
子ども中心
環境を整える
吸収力
選択
興味
報酬を避ける
子どもと、子どもから学ぶ
環境と心の秩序

2日間の短期集中英会話キャンプ【 English Boot Camp 】

哲学
教育プロセスの目標は、子供の自然な学習意欲を育むことであり、教師が行うことではなく、人の中で自発的に発達する自然なプロセス

モンテッソーリ教育について、実際にモンテッソーリ教育を受けた有名人のコメント

Sergey Brin Googleの創設者
Larry Page Googleの創設者 

”モンテッソーリ教育では、自発性を持ち、世界で起こっていることに疑問を投げかけるトレーニングの一環として行いました。”
”モンテッソーリ学校では、先生に言われたからではなく、表現したいから、またはただやりたいからという理由で絵を描いたりします。よって自分たちの脳が早い段階でプログラムされた方法です”

子育て方法
モンテッソーリの子育ての定義は、リラックスした子育てのアプローチ方法で、子供には、幼児の頃から、遊び、働き、勉強を学ぶための十分な自由が与えられます。例え、失敗しても、規則を曲げても、罰せられることはなく、子ども自身であることを尊重されます。
また、あらゆるタイプの子供に当てはまる教育方法で、読み書きを早くできるようにしたりと、強制されず、その子その子の能力はその子ども自身の速度で行うので、競争とは、縁がなく学習がより楽しくなります。

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

モンテッソーリ教育と宗教
よく誤解されがちですが、モンテッソーリ教育は宗教的ではなく、宗教的指導も提供しません。あらゆる形態の人間の精神性の探究、楽しみ、そして尊重を推奨します。

今回は、モンテッソーリ教育、そしてマリア・モンテッソーリさんについて様々な角度から、探ってみました。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。><

必見!!ロンドンで生活をする上で一番大切なこと
17年の海外生活を経て得られた得する考え方!ベスト5!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です