最近ではよく聞くセルフラブとセルフケアという用語であるかもしれませんが、実際にそれらが何を意味するのかわからないかもしれません。
似ているようで違う2つの用語を解きほぐし、解釈していきましょう!

セルフケアとは、肉体的、感情的、精神的、スピリチュアル的に自分自身のケアをするために、自らの意志を持って行う全ての行動が含まれます。また、その方法を身に付け、実践することです。

それは、朝起きて歯をきれいにし、質の良い就寝をするなどの基本的に必要なセルフケアから、必要ではないが、気分をよくするために行うことも含まれます。例えば、音楽を聴く時間であったり本を読む時間をとったりすることや、香りのある入浴剤に入ってリラックスしたり、歯医者に、チェックをするために行く行動など全てです。これらは、最低限の必要なことではありませんが、行動することによって自身の肉体的、感情的、精神的のケアになります。

セルフラブでは、以前ご紹介したように、私たちの肉体的、心理的、精神的な成長をサポートする行動から成長する自分への感謝の状態です。無条件に自分自身を受け入れることです。それには、私たちが自分自身について話す方法、自分自身についての気持ち、そして私たちの行動のいくつかが含まれます。知覚された欠点にもかかわらず、自分自身を愛することについてです。

セルフラブとは?

セルフケアとセルフラブの誤解

私たちがセルフケアを話す時、総合的な自分自身に必要なケアのことを意味します。

私たちの基本的なニーズには、安全、安心感、そして暖かさを感じること、十分な食べ物を食べ、十分な休息をとることが含まれます。基本的にニーズを満たしたら、健全な人間関係を構築したり、お金関連について対処したり、部屋をきれいにしたり、創造したり、学習したり、潜在能力の最大限にするための取り組みについて考えることができます。
よく、セルフケアを話す時に、高級でなければならない、特別でなければという誤解がありますが、セルフケアの定義は、とても広く人によって様々です。

セルフラブについても、ただ単に自尊心があり、自分自身について強調した意見を持っているという誤解がありますがそれもまた違います。セルフラブを語る時に、自己中心的であるということをではなく、私たちは、愛され、ケアされ、大丈夫なんだよ。という概念です。

では、セルフケアとセルフラブの関係しているところそして違いはなんでしょうか?

セルフケアは、私たちが自分自身を愛するための過程で、とても大切で役に立ちます。
具体的には、セルフケアを優先し始めると、私たちが『人間的』であると感じ、ゆっくりと着実に私たちを
助けてくれます。そして、私たちに、自分自身はケアするに価値に値すると教えてもらうことで、私たちは、セルフラブができます。自分を愛し始めることができるのです。

この関係性は面白く、逆を行くこともあります。自分自身を愛し始め、セルフラブができていると、セルフケアの改善にもつながります。自分を愛するので自己否定、セルフネグレクトのレベルを下げます。また、愛することにより始めて自分の価値を確認し始めることができます。
例えば、セルフラブができると自分を大切にし、以前まではしていなかったエクササイズをするようになるかもしれません。

私たちは、セルフラブがどうかにかかわらず、セルフケアできます。セルフラブができていなくても、セルフケアを続けることは不可能ではないからです。

セルフケアは、もっと自身の健康の為の行動に集点を当て、セルフラブは、もっと自身の考えや感情に集点を当てます。

まとめると、セルフケア、セルフラブ、両方を優先的にしても良いですし、セルフケアから始めてセルフラブに至ることもあるでしょうし、またその逆もあるということです。

大切なことは、双方の特徴を生かし、健康的な行動によって、また、自分の感情を優先することによって生まれる、満足する自分自身に近づけることだと思います。これらの習慣によって大袈裟ですが、きっと素敵な1日、人生になると信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です