こんにちは。ふみです。

セルフラブにはたくさんの良い点があります。

では、実際セルフラブにはどんな力があるのでしょうか?セルフラブ実践編!5つの具体的な行動!
日々辛い。経験上で、自己肯定感を高める方法!

それは、自制心です!

英語では”Discipline”と言います。
自分を抑制することです。”自制心”の力を皆さんはご存知ですか?

自制心は、お子さんがいる方なら自然に教えているはずです。
”おやつ今食べないで、ご飯の後に美味しいデザートを食べよう”とか”この宿題を終えたらゲームをしてね”とか
自然にお子さんに自制心を身につけさせようとしていますよね。
親である私たちは、今おやつを食べたらご飯を食べれなくなって栄養が偏ってしまう。だから先にご飯を食べさせようとしています。また、ゲームを先にしたら、止まらなくなって宿題の時間がなくなってしまう。でもお子さんがしないといけない優先順位はまず、宿題だからそれが終わったらゲームをやらせよう。という感じです。

たった35日でうちの子が英語を話した!楽天4部門1位の英会話!<七田式>

それは誰もが、自制心の力はとてつもなく強く、大きく、重要であることを知っているからです。
そして、自制心はセルフラブの最も力強い形です。なぜなら、自制心こそ今ある小さい報酬よりも、これから来る大きな成功のために現在の喜びを無視する行為だからです。

では、どうしたら自制心を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか?

1 習慣を見直す

今自分の状況、環境に何が役に立つのかまずは重点を置き、習慣を見直してみましょう。
私でいうと、朝まず、マインドフルネス から始まります。また、健康に痩せるために質の高い野菜やお肉魚を食べるようにしました。私たちはみんなそれぞれの状況が違うので、全ての人に同じプロセスは当てはまりません。
現実的で、良い結果が出せる習慣にしてください。

ちなみに、ロンドン大学の研究によると、人が新しいことをはじめ、習慣にしたい時、特に苦痛だと感じずに自動的に習慣になる期間は66日、役2ヶ月だそうです。よく21日間とも聞きますが、よっぽど簡単な習慣でないかぎり(例えば、起きたらまずはじめに水を飲むなど)習慣化にならないそうです。
そして、習慣にしようと努力している途中で、例え、1日サボっても習慣にする可能性を低くすることはないそうです。

2 毎日の積み上げ作業をする

先ほどの、習慣を見直し、現実的で、良い習慣を作るということに近いのですが、やはり、この習慣を作るのに大切な積み上げ作業。これこそが、まさに私たちの大きなパワーにもなりうる自制心に直結しますよね。
マインドフルネス を習慣化し、毎日の積み上げ作業の一部にしたいのであれば、まずは、時間を取らなければなりません。仕事に行く前なのか、通勤時間中なのか、帰ってきて寝る前なのか。その上で、出来たか出来なかったかをノートに記載していきましょう。例え1日は出来ない日があっても、毎日2ヶ月行うことで習慣化され違う自分に出会えます。




3”NO”と言えるようにする

習慣を見直し、毎日の積み上げ作業をするのに一番必要なことは、”No”と言えるようになることかもしれません。すべても完璧に行うことはできません。人は、優先順位をつけ、それには時に”No”と言えるようにならなければなりません。
私自身、ここに一番難しさを感じます。子供がいるからやらなければならないこともありますし、自分の息抜きの時間も必要です。ただ、セルフラブを行うことによって、間違いなくコツを掴んできている自分がいて、優先順位の建て方も上手になってきました。

4 達成したい目標

自制心の最終的な目標は、今ある小さい報酬よりも、これから来る大きな成功のために現在の喜びを無視する行為です。自分が何を目標にしているのかしっかりと考えなければなりません。
例えば、家を買うために貯金することが今の目標であるならば、毎日コーヒーを飲みにカフェに行ったり、友人とランチをしたりすることはできないですよね。ただ、事前に計画を立てこの日に楽しむと予定することはできます。また、そのような行動をとったほうが実際楽しみが増え、人生を豊にします。

自分の積み上げからの道のりを振り返った時に、自分自身を誇りに思うでしょう。
一度に急な変化をすることは難しいですが、少しづつでしたら管理もしやすく、状況にも応じやすいです。1つの自分の為になるものを見つけ、是非取り組んでみてください。

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です