こんにちは、ふみです。

30代にもなると、過去の経験や体験から、より理性が働くようになり、なかなか感情を出せなかったりしませんか?自分の感情に振り回された10代、20代とは違い、理性的に行動したほうがうまくいく事も多いと考えている方も多いと思います。

ただ、理性を優先するが故にふとした時に、自分ってなんだろう。。。自分らしく生きるってなんだろうと考えたことはありませんか?

私は、20代営業職だった時、もろに感情をあらわにしていた反省があり、20代後半くらいからあまり感情を出さなくなりました。面倒なことを避けて、理性的に生きたほうが、物事がスムーズにいったのです。ある意味、クールに生きていたんだと思います。その後、自分自身の存在意義や、自分らしさってなんだろうと考えることが多くなり、過去の日記を読みあさってみたり、実家に行って自分の幼少期の写真や、作文を読んでみたり、自己分析をしてみたり、占いに行ってみたり、友人に自分について聞いたりした経験があります。30代になり、ここにきて急に自分らしく生きるには、理性的なだけじゃきっとダメだんだと思い始めました。

では、タイトルにもあるように、人生を自分らしく生きるコツはなんでしょうか?

結論から言うと、

自分を心から受け入れ、やりたいことや目標があり自分軸がしっかりしている人です。

まず、自分がどんな人生を送っていようと、満足してようと、してまいと、受け入れることはできていますか?それに対して、改善したいこと、今までのままで変化したくないことなど理解していますか?それが出来てこそ、次のステップである、自分のやりたいことや目標が見つかってくるとおもます。なぜなら、自分を受け入れたことにより、自分のポジティブ、ネガティブを受け入れ、理解したことになるからです。
一度自分を心から受け入れ、やりたいことや目標を見つけたらその後の自分軸は自然とついてくるでしょう。

ですので、まずは、自己肯定感を高めないと自分らしく生きるということは難しいということになります。自己肯定感とは?良い自己肯定感の兆しとは?

では一体なぜでしょう?

そもそも、自分らしく生きるという自分らしくは、周囲に影響されないで、自分軸の価値観で生きることだからです。
自分軸の価値観で生きるには、他人を尊重し、感謝の気持ちをもちつつも、ノーと言えなければなりませんし、自分の時間、気持ち、を最優先しなければいけません。他人から何を言われてもちゃんと境界線を持つ、まさに自分らしく生きるということは、自己肯定感を高めることにつながります。日々辛い。経験上で、自己肯定感を高める方法!

実際難しいですが、これが本当の自分らしくいきるコツになります。

是非、自己肯定感を高め、良い30代を送ってください。
少しづつ自分らしさを手に入れて楽しい人生に一緒にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です