こんにちは。ふみです♪

みなさんは、モンテッソーリ教育という教育方法を聞いたことがありますか?
日本では、藤井聡太さんが、海外では、多くのGAFAの創業者や、ビヨンセなどの著名人が通ったということもあり、子育てをしている方なら一度は聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

私の娘は2歳になったばかりの歳から、4歳まで通い、現在はレセプションです。(イギリスでは、公立小学校が9月の時点で満4歳からはじまります。)なので、4歳の娘は、2年間モンテッソーリ教育を受け、現在は一般教育、普通の学校に通って5ヶ月がたとうとしています。

娘を、モンテッソーリ教育に通わせ、現在一般教育の学校に通わせているからこそ見える所感をご案内したいと思います。

学校?


簡単に学校の紹介をすると、医師であり、教育家であったマリア モンテッソーリ博士がモンテッソーリ教育の考案者で、彼女の一人息子がロンドンに設立した学校になります。

学校見学に行った時に、静かに集中して”お仕事”をしている、2歳から6歳の子供たちを見て、ここだ!!と思い、値段もさることながら、即決し、願書を送りました。

ロンドンには他にもいくつもモンテッソーリ教育の出来る学校があったのですが、AMI認証のところは少なく、モンテッソーリ教育とマーケティング戦略によってやたらとモンテッソーリとだけつけていて、実際中身は一般的な学校も多く見かけたので、ここは注意が必要です。伝統的なモンテッソーリ教育の学校をお探しの場合は、AMI認定かどうかが鍵になってきます。

モンテッソーリ教育とは?  モンテッソーリ教育のあれこれ
モンテッソーリ教育の目的は、”早い段階で自立をさせ、責任感を持たせ、他人への思いやりと生涯を通し学び続ける姿勢を持った人を育てること”です。特にこの学校では、楽しさ、好奇心、思いやり、誠実さ、尊重を大切な価値観として持ています。  

私もこの考えに共感し、入園を決めました。

娘のクラスには、2歳から6歳の子供10人が毎日一緒に過ごしていました。そして、モンテッソーリ教育ならではのお仕事の時間があります。自分でお仕事を選択します。午後は、お仕事の時間もあるようですが、プレイタイムなどもありもっと自由です。

では、早速モンテッソーリ教育に行かせていて感じたこと4つお答えします!

一人遊びが上手

2歳から学校で、自分で選択をしお仕事をしたり、遊んだりしているので、とにかく一人遊びが上手で好きです。
自分で、これがしたいあれがしたいと、したいことが常にあり、一人っ子のせいもあるかもしれませんが、じっと集中して遊んでいます。お人形遊びをする時も、絵を描く時も、パズルをする時も自分がやりたいように工夫して、時には大好きなぬいぐるみと一緒に遊んでいます。
ちなみに、パズルや、レゴが大好きです。
時に、寝る時間だよー!と時間を15分なら15分と制限するのですが、その時間を目一杯使い、私が一緒に遊ぼうとするならば、一人で遊ばせてと言われるくらいです。(笑)

自然遊びが本格的

公園や、遊具のあるプレイグラウンドにも連れていきますが、それよりも大好きなところは、人の手が入っていないちょっとした自然で遊ぶことです。面白かったのが、学校が3時半に終わると、よくクラスメイトの子供と一緒に近くの公園に行ったのですが、モンテッソーリ教育を受けた子供は滑り台や、ブランコなどの遊具よりも、土を掘ったり、綺麗な石を見つけたり、葉っぱを拾ってきたり、生き物を見つけたりして遊んでいました。もちろん娘も、虫好きで、よく捕まえたカタツムリや、ミミズを見せてくれます。そして、その後は安全な土に戻しています。

能動的の状態を好む

私は、ゆるく、特にテレビや、スマートフォンなどの、スクリーン制限ということはしていないのですが、家にいて時間がある時でも、スクリーンを欲しがることはあまりなく、自分で手を使ったり、パズルをしたり、お絵かきをしたり、おままごとをするのが好きなようです。
その反面、疲れた時に、テレビ見させてと言ってきます。
テレビや、スマートフォンは受動的の情報ということで、一般的によく言われる受動的な遊びですよね。

最も、モンテッソーリ教育は、小さい時から子供が主となり、自立した子供を育てるという教育方法ですので、能動的に行動できる子にとって自立できることは当たり前なのかなと思いました。

親も熱心

親もかなり教育熱心で、小さいながらも、結束したコミュニティがあり、良くも悪くも深い家族付き合いです。学校の後はもちろん、週末も一緒に過ごすことが多く兄弟がいない娘も、常に誰かと一緒に遊ぶ環境があります。
また、モンテッソーリ教育というメインストリームの学校教育方法と真逆の教育方法ということもあり、比較的、どのご両親も同じ考えの親とその教育を受けている子供と付き合うのは自然な流れなのかなと思います。
ご両親の特徴として、環境を考えたり、オーガニックな食生活をしていたり、アートや音楽に触れていたりするご家庭がほとんどです。

まとめ

一般教育、とモンテッソーリ教育を比べてどちらが良いとか悪いではありません。モンテッソーリ教育が、完璧な教育方だとも思いませんが、2年間娘を通わせ、彼女にとっての良いお友達、私にとっても良いお友達、小さなコミニュティができ、現状、自ら遊び、学び、とても自発的です。そして、よくお手伝いをしたい、自分でしたいと娘から言われます。子育てはまだまだ長い道のりで、始まったばかりですが、娘の成長にとても嬉しく思います。

最後まで読んでくださりありがとございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です