こんにちは。ふみです。

自己肯定感が何かということを理解し、良いバランスのとれた自己肯定感が何かわかったところで、自己肯定感とは?良い自己肯定感の兆しとは?

正直、あなたの今の現状はどうですか?

今あなたは、このようなことを思っていませんか?

自分に自信が持てない。
自分のことが嫌い。
自己肯定感が低いんではないか?
幼少の時の家庭環境や育った環境などで自己肯定感が低い。

では、自己肯定感が低い場合すぐに改善することはできるのでしょうか?

結論から言うと、ごめんなさい。難しいです。改善には、相当な努力が必要です!

なぜ?

低い自己肯定感はしばしば子供時代に始まります。
子供時代の学校の先生、友人、兄弟、両親、そしてメディアは私たちが気づかないうちに自然と自身を位置付けるであろう、ポジティブなメッセージとネガティブなメッセージを送ってくれます。また、自身にとってネガティブなメッセージは特に自身の記憶として残ります。
このように、子供の頃からの様々な、経験、体験、または知識などが蓄積し、自己肯定感に悪影響を与えうるからです。

では、我々に低い自己肯定感はどんな影響を与えるのでしょうか?

低い自己肯定感は社会的状況から身を隠し、新しいことに挑戦するのをやめ、問題や、失敗から逃げようとします。短期的には、困難な状況を回避することで安心できるかもしれませんが、長期的にみた時には、根底にある疑問や恐れを強めてしまい、あなたが、困難な場面にぶつかったときの解決方法が物事を避けることであるとインプットさせてしまい負のループからなかなか出られなくなります。

さらに
長年このような低い自己肯定感を持って生活しているとメンタルヘルスに悪影響を及ぼし、うつ病や不安などの問題を引き起こしやすくしてしまいます。そして、このような問題がある時、健康的でない習慣を身に付けてしまう恐れもあります。それは、禁煙、飲み過ぎ、食べ過ぎ、薬物、不眠、などです。

私は、以前仕事ばかりの生活をし、プレッシャーや人間関係で悩み、自分のこと家族のことを後回しにして働いていた時、眠れなくなってしまい、仕事を始めようとすると頭痛や、めまいが起こり、ストレスで動悸がし、やる気がなくなり、人生の意味はなんなんだろう。。。なぜ生きないといけないのだろ。。。とまるっきりのうつ状態になってしまいました。パートナーが病院の予約を無理やり取り、うつ病と診断された後、カウンセリング受けることになってしまった時は、まるで自己肯定感などありませんでした。

では、改善のために何から始めればいいのでしょうか?

ここからは、退屈ですがこつこつと努力しかありません!!!

  • 1まずは、ネガティブの原因は何か特定してください!とにかく向かい合うことです!
  • 2自問自答しながらノートや日記帳に、なぜこのようなネガティブな思いがあるのか書いてみてください。
  • 3自分を小さな成功体験を証明していってください!小さなことでいいんです。例えば、散歩できた!とか、健康的な食事をとれた!とかです。
  • 4最後に一番大事な感謝ノートを作ってください。毎日、1日が終わる時に今ある自分自身の環境や、人間関係、出来事に目を向けてありがとうと言いたいことをメモしてみてください!

今、辛いかもしれません。が!誰もが気分の浮き沈みがあり、それが短期間で終わる人とそうではない人、様々ですが、生きることは時に苦しみもあります。例え、生まれ育った環境や、今の現状が思っていたものとは違っても未来の自分を信じ今、この瞬間の行動と思いできっと素敵な日常がやってきます!
私はそう信じています!

今日も読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です