こんにちは。ふみです♪

子供を主体とした考えのモンテッソーリ教育では、やはり寝かせ方や、子供部屋、子供のベットの概念も、一般とは少し違います。

お子さんがいらっしゃる方はこんなお悩みありませんか?

  • 子供が寝ない。
  • モンテッソーリ教育に興味がある。
  • 夜、子供が寝なくイライラしてしまう。
  • 海外の寝かし方に興味がある。

以上の方は、是非一度目を通してみてください。

温活よもぎ家のよもぎ蒸し【よもぎ蒸し座浴器セット】が今なら20%OFFで!

まず比較対象として、海外の寝かしつけ方法をご案内します。

世界の寝かしつけ

西欧の国では、親と同じベットで寝る添い寝は主流ではありません。子供部屋で、子供を寝かし添い乳、授乳、添い寝は基本しません。その前に、ハグや、キスやおやすみの挨拶、本を一緒に読みコミュニケーションをとります。子供を自立させるために、そして、親は親の権利を守るために別々の部屋に寝ます。対し、アジアではほとんどの国、ベトナム、タイ、韓国、インド、インドネシアなどで、添い寝を主流としています。

イギリス

こちらイギリスでは、もちろん子供は別室に寝るのが主流です。
ただ、生後6ヶ月が経ってからです。というのも、6ヶ月までは、SIDS乳幼児突然死症候群という病気があり、赤ちゃんが突然亡くなってしまったりするリスクが最も高く、その時期は同じ部屋で、別々のベットで寝ることをNHSより推奨しています。(多くは、生まれつきの病気や感染症、窒息自己などによって引き起こされるそうです。)
ですので、6ヶ月を過ぎた頃から、スリープトレーニングを始めます。ジーナ式などスケジュールを決めて行うやり方が、多くの共働きのご家庭には取り入れられているようです。泣いている赤ちゃんを抱っこしないことがポイントで、お母さん主導のやり方です。



モンテッソーリ教育

マットレス(地面に直接置かれた床のベット)に寝かせることを推奨しています。その理由に、子供がいつでも周りを観察でき、視界を遮る柵をなくし、活動したい自分のタイミングで好きに移行できるようにという配慮からです。そして、まだ小さい子供でも、完全に自分で行き来でくるようにアクセスするには完全に、安全である必要があります。

実際、身近のモンテッソーリ教育の親御さん達は、子供が泣いたら抱いてあげたり、添い寝、授乳をしてあげるご家庭がほとんどでした。フランス人だろうと、イギリス人だろうと、メキシコ人だろうと。彼らは子供が一緒に寝たいと言えば寝させています。
そして、赤ちゃんの時の添い寝のメリットでもある、授乳しながら寝れることは、実際こちらの人も感じていることでもあります。授乳を推奨する社会や、授乳をしたいお母さんが多いモンテッソーリ教育のご家庭は、やはりそのまま授乳をするために添い寝をさせています。驚きなのが、周りのモンテッソーリ ママ達は授乳を3歳近くまでやっている人が、全体の2割くらいの割合でいました。

最近の寝かせ方事情

西欧諸国の多くが、子供と別々の部屋で寝るご家庭の多くが、小さい頃から自立心を育てるためですが、そこはモンテッソーリ教育も同じです。小さい頃から自立心を育てるために、教材、玩具、お仕事の時間があります。

最近の研究結果では、添い寝することにより、心拍数、脳波、睡眠状態、酸素レベル、体温、呼吸は互いに影響し合い、安らかな夜と絆の高まり、そして子供の成長と健康の発達をもたらしてくれると言われています。
面白いのが、添い寝をしている子供は、独立した睡眠を自分のものにすることは確かに遅くなりますが、添い寝の親密さや、愛情表現によって、添い寝を経験したことがない子供より結果質の良い睡眠が得られるとのことでした。




まとめ

周りに流されないでください。自分次第です!日本のご家庭でも、それぞれ家庭環境が違いますので、どちらが正しい、正しくないはなく、子供への安心、安全、そして愛情を与えていれば問題はないというのが結論だと思います。何よりも、お母さん、お父さんである自分自身が、余裕のある環境であるのが重要ではないでしょうか。一緒に寝ない、授乳しない方が自分にとってよく、余裕を持てるのであればそれが、自身にとっての正解だと思います。

私の友人は、3人兄弟ですが、母親が仕事で忙しく、子供の頃、3人とも別々のベビーシッターさんがいたそうです。途中まではシッターさんが母親だと思っていたそうですが、現在大人になった、3人は、みんなそれぞれ母親ととても近く、仲が良く、ビジネスも一緒にしている子もいます。そして、優しいお母さんが大好きと言っています。極端な例ですが、子供はやはりお母さんがハッピーなことが一番です!

一つ言えるのは、実際イギリス人の家庭では、子供部屋があり、ベットを置き別々の部屋で寝るのが主流ですが、やはり子どもは子どもです。お母さんや、お父さんが大好きで、トイレに途中で起きて、怖い夢をみて、そんな時はご両親のいる部屋に行き朝まで寝ているご家庭も多いということです。そして、モンテッソーリ教育の半分のご両親は、事実、お子さんと添い寝をしています。

お子さんに決めさせて、自分、一人で寝たいと言った時に別々に寝てもいいのかもしれません

モンテッソーリ教育の現代の闇2つ

マリア・モンテッソーリの息子が創立した幼稚園に通わせて感じたこと4つ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です