セルフラブは人が持つべき非常に重要なものです。

これからご案内する映画は、そんな人生に置いて人が持つべき非常に大切なものについて教えてくれる映画たちです。是非、今自身のセルフラブができていないなと思っている方、ご覧になってみてください。

1 The Pursuit of Happiness

事業の失敗によりホームレスになるまで落ちぶれたが、最終的には成功を掴んだ実在の男性、クリスガドナーの半生を描いた作品である。
主人公のクリスは、事業の失敗、離婚、ホームレス、大きな責任などのいくつかの逆境に直面した後、人生の意味を愛する息子のためにも見つけようとします。 妻に取り残され、貧困に苦しむ物語は、ぼろぼろから富へと真摯な決意と勇気を持って夢を叶えます。すべての人生の歩みに共通する素晴らしい名言と感動的な価値観に満ちた映画です。
本物の親子であるウィルスミスと息子のジェイデンスミスの感動的で美しいやりとりは、必ずセルフラブを得るために必要な決意と勇気を与えてくれると思います。

名言:“If you work hard and long enough, the sky is your limit”.
「あなたが一生懸命にそして十分に長く働くならば、空はあなたの限界です」

2 The Devil Wears Prada

ジャーナリストになりたかったアンドレアは、ジャーナリズムの世界の扉に足を踏み入れるために、ミランダのアシスタントとしてRunwayMagazineに就職しました。ミランダ・プリーストリーは編集長であり、映画全体で「ドラゴンウーマン」とも呼ばれています。
一生懸命と働こうとするあまり、彼女は次第に自分を見失っていき、上司に認められよう、会社に馴染もうとより魅力的な服を着始めます。さらには、仕事をするためにどんどん、彼や友達との時間を減らしていき、全く新しい人になっていきます。その中で、自分と向き合い、最後に決断します。
仕事のためにあなたの人生と幸福と自己を犠牲にしないでください。

名言:You chose. You chose to get ahead. You want this life, those choices are necessary.
「あなたの決断。あなたが先へ進もうと決めた。この世界では、決断は不可欠です」

3 Eat Pray Love

エリザベスギルバートはすべてを持っていますが、彼女は人生に迷子になっていると感じています。 自分を見失ってしまったのです。そこで、離婚したてのエリザベスは彼女の本当の自分を理解したいと思っています。
彼女は1年間世界中を旅することを決断し、イタリア、インド、バリに1年間行くことにしました。 イタリアでは、食べ物、インドでは、祈り、そしてバリでは、愛と平和 様々なことを経験、体験し学び、自分を再発見していきます。 この映画は、あなたが自分自身を見つけ、それに応じて生き始める方法をあなたに教えてくれるでしょう。

名言:“Your emotions are the slaves to your thoughts, and you are the slave to your emotions.”
「あなたの感情はあなたの思考の奴隷であり、あなたはあなたの感情の奴隷です。」

“Someday you’re gonna look back on this moment of your life as such a sweet time of grieving. You’ll see that you were in mourning and your heart was broken, but your life was changing…”
「いつの日か、あなたは人生のこの瞬間を、とても甘い悲しみの時として振り返るでしょう。 あなたはあなたが喪に服していて、あなたの心が壊れていたのを見るでしょう、しかしあなたの人生は変わっていきました…」

“I think I deserve something beautiful.”
「私は何か美しいものに値すると思います。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です