健康的な自己肯定感を持つことは、あなたのモチベーション、あなたの精神的幸福、そしてあなたの全体的な生活の質に影響を与える可能性があります。 ただし、自己肯定感が高すぎたり低すぎたりすると、日常生活に問題が怒る可能性がありますよね。

では一体、自己肯定感とはなんなんでしょうか?

心理学では、自己肯定感という用語は、個人の価値や価値に対する個人の全体的な主観的な感覚を表すために使用されます。 言い換えれば、自己肯定感は、状況に関係なく、あなたがどれだけ自分を高く評価し、好きであるかと定義することができます。

自己肯定感は私たち自身の意見なので、 私たちが健康的な自己肯定感を持っているときは、自身と人生全体について前向きに感じる傾向があります。 自己肯定感が、人生の浮き沈みにうまく対処できるようにします。しかし、 自己肯定感が低いとき、自身と人生をより否定的で批判的な見方で見る傾向があります。 また、人生が私たちに投げかける課題に取り組むことができないと感じてしまいます。
自己肯定感は、次のような多くの要因によって定義されます。

* 自信
* 安心感
* アイデンティティ
* 帰属意識 (”組織や集団の一員”という意識から生み出される感覚を指します。 家庭や地域、社会、国、会社などあらゆる集団の中で、自らがその一部としての自覚を持つこと)
* 能力の感覚

自己肯定感は学童期(6歳から12歳頃)に最も低くなる傾向があり、思春期(13歳から22歳頃)および成人期(22歳から40歳頃)に増加し、最終的にはかなり安定した永続的なレベルに達します。 これにより、自己肯定感は長期にわたる安定性なものになります。

自己肯定感とは、一般的に自分を好きになるだけのことではありません。
それは、自分が愛に値すると信じ、自分の考え、感情、意見、興味、目標を大切にすることも意味します。 自己肯定感を持つことは、あなたが自分自身についてどのように感じ、どのように扱うかに影響を与えるだけでなく、他の人があなたをどのように接し、扱うかにも影響します。 自己肯定感は、あなたが人生で手に入れたいものや健康的な人間の関係性を構築しようとするあなたのモチベーションにも影響します。

では、バランスが取れた良い自己肯定感とは一体どういった状況なのでしょう。

良い自己肯定感の兆し

事実良い意味で自信のある人は簡単に見つけることができ、人々の気を引きます。
ここで良い意味というのは、自己肯定感が低すぎたり高すぎることの間には健全な境界線がきっちりと存在するからです。以下のような兆しを持っている方は、良い自己肯定感に値します。

  • 1失敗を恐れない
  • 2誰であろうと受け入れる
  • 3完璧主義になろうとしない
  • 4自身の意見や要望をきちんと言える
  • 5境界線を作ることができる
  • 6どんな回答も恐れない
  • 7他人を喜ばせようとしない
  • 8他人に認められようとしない
  • 9時に対立も恐れない
  • 10断言はするが強引ではない

どのくらい当てはまっていましたか?
なかなか、良い自己肯定感まで難しそうですが、この10個全てが当てはまった時、
確かに自分の人生を自分らしく真っ当できていそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です